より良いSEの求人を見つけよう

求人率の低下が問題になっている今の日本で、人手が足らないといわれている職種があります。それがSEです。SEとはシステムエンジニアの略で、業務のコンピューターシステムの基本的な設計や仕様を作る役割を担っている人たちのことです。企業のIT化が進む現代ではとても重要な仕事といえるでしょう。また、近年では若いころからパソコンに触れて育ってきた人が多くなってきました。このような背景からSEの業界の平均年齢も全体的に若くなっています。
ではSEに向いている人はどのような人なのでしょうか。まず、勉強熱心な人でしょう。SEの仕事は覚えることがたくさんあります。日々勉強して新しい技術などを身につけていかなければならないのです。また、デスクワークが主になりますので忍耐強いという要素も必要となるでしょう。SEの求人は多くありますが、自分のやりたいと思った仕事ができる職場を探していくべきです。仕事に対するやる気があればそれだけ向上心を持って働いていけるはずだからです。自分に合った、良いSEの求人を探しましょう。

Read More

求人でいうとSEはどうなんですかね。

求人でいうとSEってどうなんでしょうかね。まあ、なかなか微妙なところがあると思いますね。なぜかというとSEがかかわる仕事というのはプロジェクトというものが多いんですね。ということはある一定期間が過ぎると仕事が終わってしまうということなんですね。いそがしい時期と暇な時期があると思いますね。そういう波のある就業形態なのでなかなか求人といっても継続的なものがあるかどうかは微妙なところなんですね。まあ、大変な仕事だと思いますね。
そういう意味では非常に難しいと思いますね。いろいろなプロジェクトにかかわることのできるSEとそうでないSEに分かれるのではないかと思いますね。それは技術的な部分もあると思いますけどね。いかに運用をスムーズに行えるかということが重要な部分だと思いますね。そういう意味では技術的な部分よりも人間をまとめる力も必要だと思いますね。まあ、大変なのは実はそのことのほうが重要で大変なことなんではないかと思いますね。

Read More

SEの求人の特性と必要になってくる事柄

SEというのは、システムエンジニアという意味です。プログラマーからいろいろな仕事を指す、大変広い意味の言葉です。私の親戚もSEの仕事をしています。それはITによるビルの管理です。SEの求人として、注目を浴びているのがサーバー管理者です。どこの企業でもサーバーは持っていると思います。それにネットワークを扱った企業では、そもそも必須の仕事とされています。ネットワーク系の資格を取得する場合は、プログラミングは初期の段階ではあまり勉強する必要はありません。
SEになるためには、タフな仕事に耐えることのできるバイタリティーが重要になってきます。未経験者でもすぐに慣れるということは、仕事がタフだということだということもできるでしょう。資格試験はたくさんの種類があり、採用されていない未経験者が選ぶのは大変なぐらいです。それにベンダー試験といって、試験の受験料が高い試験も普通にあります。私は基本的に一つの試験で十分だと思います。熱意を示せるような、そして方向性を示せるような試験一つで十分だと思いますね。

Read More

SEの求人を拝見して

SEの求人をよく私はチェックしていました。SEの募集はプログラマ併用求人が多いですね。そしてやはり新卒じゃないと未経験は難しいと思います。経験数年必要などがおおいですね。専門的な知識が必要な職種なので当然と言えば当然ですね。今の時代IT社会でどこをみてもプログラムで動いているものばかりです。信号機やパソコン音楽プレーヤーなど例を挙げればきりがないですね。なので需要がかなりある職種だと思います。
私はSEになるためには専門学校などで勉強して就職するのが定石だと思います。SEの求人の給料を見ていてわたしはもっと高くていいと思います。プログラマも同じです。それは私個人としてはとても難しいし頭を使う職業だからです。この職業は論理的能力が優れている人でないと難しいとおもいます。情報処理の国家試験もかなり難しかった記憶があります。しかし人気があるので目指す人が多く分母が多くなるというのが原因なのかなあとおもってます。

Read More

主人がSEの求人を探していますが・・・

主人はとSEして働き始めて4年目です。色々と経験を積み資格もたくさん取りました。キャリアアップとお給料アップのために転職を検討しており、求人を探しています。この業界は残業はかなり多めでそれが当たり前のようですが、その分の時間外手当が全て支給されるかというとそうでもないようです。でも、もちろんしっかり支給してくれる会社もあります。できるだけ将来性があり、規模の大きな安定した会社をさがしているのですが、こればかりはタイミングもあり難航中です。
現在、在職中なので慌てて探すことはないと私は思うのですが、主人は懸命に求人を探しています。私も仕事探しをしていますが、求人サイトを見るとの求SE人が圧倒的に多いような気がするのですが、そこから勤務地や経験内容、お給料などの面でぴったり合う会社に出会うのは簡単ではないんですね。主人の話では経験年数が3年を超えていて、使える資格をたくさん持っていると有利だということでした。私は主人は働きやすくモチベーションを保ちながら活躍できる会社ならどんなところでもいいと思っているので、求人情報収集に協力しながら、主人の転職成功を応援しているところです。

Read More

エンジニアの求人

昨今の円高も影響してか、国内で、エンジニアが活躍する場面が少なくなって来ました。
昔は国内でしていた事も、コスト削減のため、海外に外注する会社がほとんどです。
生活のためと割り切って仕事を続けるか、やりたいことをしたい人、持っている技術を活用したい人は、外資系の会社へ転職するか、道が分かれます。

外資系の会社は、ある意味完全な実力主義なので、自信がある人には、昇給や昇格で、直接目に見える形で評価されるので、チャレンジのしがいもあります。
外資系の企業は、ベンチャー企業も多いので、エンジニアの求人は結構あります。
語学が出来ないと無理と思いがちですが、どちらかと言うと、技術があれば、多少英語が苦手でも採用されるケースがあります。
もちろん採用後は、コミュニケーションも必要なので、英語の勉強はする必要があります。

外資系の企業の求人は、インターネットでもサイトがあります。
気になる企業があれば、チャレンジして見るのも良いでしょう。

Read More